macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

VCF

複数のSVコール結果をマージする FusorSV

欠損、重複、挿入、逆位、コピー数変化、転座などの構造変化(SV)は、ヒトの遺伝的多様性の最も重要な決定因子の1つである。 1000ゲノムプロジェクト(1000GP)などのコンソーシアムの取り組みは、典型的なゲノムが2100〜2500のSV(> 50bp)を含み、SNPの約…

Var2GO

Var2GOはハイスループットシーケンシングデータのさまざまな変異コールから、遺伝子アノテーションとフィルタリングをサポートする新しいWebベースのツールである。その主な目的は、非生物情報学者が直感的なWebインターフェイスを介してVariant Calling For…

バリアントをランク付ける VVP

2018 10/23 コマンドの誤り修正 バリアントの優先順位付けは、遺伝子検査、エキソームまたは全ゲノムシーケンシングの過程で同定されたバリアントが遺伝子機能を損なう可能性があるかどうかを決定するプロセスである(レビュー[論文より ref.1,2,3])。バリ…

構造変化に関係するリードを可視化する svviz

人間の目にはデータの視覚的表現からパターンを識別する比類のない能力がある。高スループットシークエンシングからの突然変異の同定は大部分が自動化されているが、integrative genomics viewer(IGV; Robinson et al、2011)などのツールを用いた推定変異…

review article要約 SNPs callingビギナーズガイド

8/24 誤字修正 A beginners guide to SNP calling from high-throughput DNA-sequencing data (Andre ́ Altman et al., 2012)より ハイスループットDNAシークエンシング(HTS)は、ライフサイエンスにおいてますます重要になっている。その最も顕著な用途…

バリアントをランク付けする Variant Ranker

変異を特定することは、病気の病因を理解する上で重要である。ハイスループットな次世代ゲノム技術の進歩により、ゲノムシーケンシング、エクソンシークエンシング、RNA-SeqおよびChIP-Seqは、複雑なメンデル症の感受性遺伝子座を同定するための標準となって…

SVの正確なGenotypingを行う SV2

構造変化(SV)は、50bpよりも大きい染色体の構造の変化として定義される。 SVはヒトの遺伝子変異の主要な寄与因子であり、様々なヒト疾患にも関与している(Conrad、et al、2010; Sudmant、et al、2015)。特に、de novo構造変異(子孫固有で親にはない)は…

bamとvcfの可視化分析ツール bam.iobio.ioとvcf.iobio.io

今日の大きなゲノムデータセットの分析は、all-or-nothingアプローチ、すなわち、時間がかかり直感的ではない完全なエンド・ツー・エンドの分析を生み出す。それはまた、かなりの計算専門知識と高価なコンピュータインフラストラクチャを必要とし、多くのベ…

構造変化のリードアライメント状況やゲノム比較結果を可視化する Ribbon

Visualizationは、現在のゲノム革命において、バリアント、発現パターン、進化による変化、および他の多くの関係を検査し、理解するために非常に重要な役割を果たす(Preprint ref.1~3)。しかし、構造変化可視化時のリードとリファレンス、またはリファレン…

リアレンジメントなどの構造変化を可視化して分析する SplitThreader

ゲノム再構成(Genomic rearrangements)および関連するコピー数の変化は、癌遺伝子および腫瘍サプレッサーの発現を変化させ、遺伝子融合を生じさせ、遺伝子発現を誤って調節する可能性があり、癌における重要な推進因子となっている。ここでは、 ゲノム再構…

BAMを感心対象のみにフィルタリングする VariantBam

ゲノムシーケンスのコストが減少するにつれて、大規模なシーケンスデータセットを取り扱う際のストレージおよび計算上の負担が増大する懸念がある。ヒトゲノムの全ゲノムシーケンシングを30倍のカバレッジにすると、およそ10億リードのシーケンスが可能にな…

臨床向けアンプリコンシーケンス自動解析パイプライン Canary

臨床診断は、ヌクレオチドレベルで患者DNAを分析することができる技術によって変化している。臨床シーケンシングの精度、処理時間および再現性は、rawシーケンシングデータを有意義なバリアントに変換するバイオインフォマティクスパイプラインに大きく依存…

バリアントのコールと可視化のパイプライン MutScan

次世代シーケンシング(NGS)は何千もの突然変異を検出することができる。しかし、一部のアプリケーションでは、これらのうちのほんのわずかなものが対象のターゲットである。 NGS技術によるがんの個人化された医療検査のようなアプリケーションでは、臨床医…

構造変化が起きた部位のマッピング状況を出力する samplot

samplotはbamやcramを入力として、SVの起こった領域の図を出力してくれるツール。vcfからの一括描画にも対応しているため、variant call format(VCF)を出力したら、そのままsamplotに送るようなスクリプトを書くことで、推定SV全てを目視で簡単に確認でき…

indelコールの冗長性を調べる Vindel

ゲノムDNAの変異は、一塩基多型(SNP)、挿入および欠失(indels)、逆位、大規模な複製/欠失、および転座などの構造変異を含む。最近の大規模なヒトゲノムシークエンシングプロジェクト[論文より ref.1]で示されているように、これらのタイプの変異の中で、…

生物学的に同等な可能性があるindelのフィルタリングを行う UPS-indel

Indelは、DNA配列中の塩基の挿入または欠失を意味する。2番目に主要な変異であるindelsはゲノムおよびタンパク質の進化において重要な役割を果たす。シーケンシングエラー、リードのあいまいなアライメント、異なるツールによる同じバリアントの一貫性のな…

VCFのコンセンサスコーラー CGES

Whole-exome sequencing(WES)は、疾患に寄与する稀少変異を同定するための手頃なアプローチとなった。過去5年間で、PubMedのキーワード「exome sequencing」で索引付けされた論文の数は200倍に増加し、ヒトの遺伝学の明確な傾向を表している。生物学的メカ…

VCFのフィルタリングを行うGUIツール FMFilter

遺伝病研究における次世代技術の使用が普及している。 exomeおよび全ゲノムシーケンシングが利用可能になると、データの解析と解釈が必要になる。遺伝病の研究に使えるVarSifter [論文より ref.1]、GEMINI [ref.2]、GeneTalk [ref.3]、CanvasDB [ref.4]、Exo…

ノーマライズしてVCF間の比較時のバイアスを減らす BAN

Variant Call Format(VCF)は、遺伝的変異および遺伝子型に関する情報を格納するためのタブ区切りのテキスト形式である(論文より Petr et al、2011)。 VCFファイル中の変異のレコードは、リファレンスDNA配列を試料DNAのシーケンスに変換する情報を記憶す…

フェージングを行ってハプロタイプを組み立てる whatshap

ヒトゲノムは二倍体であり、すなわち、その常染色体の各々は2コピーである。これらの親のコピーは、異なる一塩基多型(SNPs)の影響を受ける。変異がどちらの染色体由来かアサインすることは進化遺伝学の助けになり、例えばpopulation研究(論文より The 100…

GUIで操作できるVCFのフィルタリング・分析ツール VCF.Filter

次世代シークエンシングは疾患関連遺伝子変異体の発見を容易にし、ルーチンの臨床診療における遺伝子診断に広く使用されている。Variant call format(VCF)は、医療遺伝学の研究および診断からの遺伝子変異データを報告するためのコミュニティ標準となって…

VCFのユーティリティツール VCF-kit

集団および量的遺伝学は、集団内の個体がどのように異なるかを調べる。これらの違いを特定することにより、様々な分析を行うことができる。例えば、遺伝子変異は、表現型の基礎を特定し、進化論的な質問に答えるために、または法医学を促進するために使用さ…

VCF / BCFの高速なパーサ cyvcf2

VCF形式(論文より Danecek et al、2011)は、DNAシーケンスの研究で観察された遺伝的変異を表すためのスタンダードである。 VCF形式の強みは、変異の位置、各遺伝子座におけるシーケンスされた個体の遺伝子型、ならびに広範な変異体メタデータを表す能力で…

SV検出結果のVCFファイルを統合する mergeSVcallers

構造変化検出結果はツールによって得手不得手があるため、網羅的にSVを検出するためには、現状複数ツールを並行して走らせるのが理想とされる。そのため、複数のツール結果を統合して弱点を無くすような方法論も出て来たりしている。しかし、ツールによって…

VCFを管理、編集する VCFtools

VCFtoolsは、バリアントコールフォーマットのVCFファイルのマージ、ソートやフィルタリング、固有変異の抽出などができるツール。 よく使いそうなコマンドに限って紹介する。 マニュアル https://vcftools.github.io/perl_module.html Github インストール g…

変異のフィルタリングを行うSnpSift

以前SnpEffという変異のアノテーションを行うことができるツールを紹介した(リンク)。このツールにはもう一つSnpSiftというツールが同梱されている。SnpSiftは変異コール結果のVCFファイルを扱うツールで、クオリティやp値など様々な指標に基づいて変異を…

BEDOPSを使いVCF, GTF, GFF などを BED に変換 する。

BEDヘの変換はawkやperlやpythonのスクリプトで簡単にできるが、BEDOPSのvcf2nedを使うと、indelの種類などによってフィルタリングしながら分類することができ便利である。 BEDOPSがない人はbrewで入れておく。 brew install BEDOPS 公式マニュアル http://b…

サンプル間で共通する変異と固有の変異を抽出する

以前ショートリードからindelとSNVを検出するワークフローを紹介した。 複数サンプルがある場合、上記のような方法でVCFファイルを出力した後、サンプル間で共通のSNPs、サンプルごとに固有のSNPsなどを絞り込む必要が出てくるシチュエーションは多いと思わ…

バリアントコール結果のVCFフォーマット

2018 10/25 追記 次世代データからリファンレンスゲノムの変異検出を行うと、Variant Call Format(VCF)という形式で出力されることが多い。VCFの詳細はsamtoolsのVCFフォーマットオフィシャルページに書いてあるが、そのフォーマットについてもう少し噛み…

small indelとSNV検出のワークフロー

SNVやsmall indel検出については精度の高いワークフローがすでに確立されている。例えば下記のニューヨーク大のHP https://gencore.bio.nyu.edu/variant-calling-pipeline/ には、SNVとsmall indel検出ワークフローが記載されている。流れを説明すると bam作…