macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

HTS (NGS) 関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

Nanopore long read

ロングリードのアセンブラ NextDenovo

2022/06/09 追記 Githubより NextDenovoは、ロングリード(CLR、HiFi、ONT)用のストリンググラフベースのde novoアセンブラです。canuと同様に "correct-then-assemble "戦略を採用していますが(PacBio HiFiリードは修正ステップなし)、必要な計算資源と…

ハプロタイプを考慮してロングリードシーケンスからマッピング困難な領域のSNPやインデルを正確に検出する NanoCaller

ロングリードシーケンスでは、ショートリードシーケンスではマッピングが困難とされているゲノム領域でのバリアント検出ができる。この手法では、長距離ハプロタイプ情報を用いてSNPを検出し、検出されたSNPとロングリードを位相合わせし、ローカルリアライ…

環状細菌ゲノムアセンブラ B-assembler

細菌ゲノムの正確なde novoアセンブリは、新しい細菌種の進化や病原性を理解するための基礎となるものである。Third-Generation Sequencing (TGS)の出現と普及により、バクテリアゲノムのアセンブルはかつてないほどのスピードで可能になった。しかし、現在…

メタゲノム解析を行う BusyBee Webのアップデート

近年、分類学的プロファイリングツールの方法論やリファレンスデータベースの改良が進んでいるが、メタゲノム解析ワークフローにおいては、メタゲノムアセンブリとゲノムビニングが依然として重要な柱である。リファレンス情報がない場合、ゲノムビニングはm…

シーケンスデータ中の変異プロファイルを簡単に定量的に測定できる SIQ

ゲノム編集後の突然変異の結果を確立することは、高効率のゲノムターゲティングツールの出現により、ますます重要となっている。次世代シーケンサー(NGS)は、特定の標的部位における変異誘発の程度を調査するために不可欠な方法となっている。そのため、研…

Bandageを使ってスモールゲノムアセンブリの難易度を推定する

2022/04/18 誤字修正 ロングリードシークエンシングを行う事で、小さなゲノムであれば、chromosomeの完全長アセンブリ、もしくはそれに近い連続性の高いアセンブリが達成出来きるようになりました。この点で最も恩恵を受けているのは細菌や古細菌などのゲノ…

ロングリードを用いた低複雑度メタゲノムから株レベルアセンブリを分離する Strainberry

ハイスループットなショートリードメタゲノミクスにより、微生物コミュニティの大規模な種レベルの解析と機能的な特徴付けが可能になった。マイクロバイオームには同一種の複数の株が含まれることが多く、株によってその機能的役割に重要な違いがあることが…

ロングリードを高効率に圧縮する CoLoRd

今日のゲノム研究において、シーケンサー実験によって毎年生み出されるエクサバイト級のデータを維持するためのコストが大きな問題となっている。第三世代シーケンサーの普及にもかかわらず、ロングリードを圧縮する既存のアルゴリズムは、汎用のgzipに対し…

ロングリードアンプリコンのソートとコンセンサス配列の構築のためのツール amplicon_sorter

オックスフォード・ナノポア・テクノロジーズ(ONT)は、携帯可能で低コストなシーケンスの可能性から、生態学研究において人気を集めている第3世代のシーケンサー技術である。この技術はロングリードのシーケンスを得意とするが、アンプリコンのシーケンス…

バクテリアのヌクレオチド分解能パンゲノムツール Pandora

新しいパンゲノムグラフ構造であるpandoraと、バクテリアのパンゲノム全体のバリアントを同定するアルゴリズムを紹介する。バクテリアの適応性の多くは付属ゲノムに依存しているため、コアゲノムだけのSNPを解析する方法では満足のいく結果が得られない。Pan…

PacBio CLR ゲノムアセンブリの研磨のためのNextflowワークフロー polishCLR

ロングリードシーケンスにより、染色体レベルの高密度のコンティグが得られるようになり、ゲノムアセンブリは大きく変化した。しかし、Pacific Biosciences (PacBio) Continuous Long Reads (CLR) などの第3世代のロングリード技術によるアセンブリは、高い…

ハプロタイプを考慮したロングリードからの2倍体ゲノムアセンブリを行う phasebook

ハプロタイプを考慮した2倍体ゲノムアセンブリは、ゲノミクス、精密医療、その他多くの分野で極めて重要である。ロングリードシーケンス技術により、ゲノムアセンブリは大幅に改善された。しかし、現在のロングリードアセンブラは、リファレンスベースのため…

メタゲノムとRNA seqにも対応したONTのロングリードのシミュレータ Trans-NanoSim

第3世代の1分子RNAシーケンサーは、第2世代のシーケンサーと比較して、ロングリードを生成することによりアイソフォームレベルの転写物の特性解析が容易になるという、これまでにない利点を備えている。特に、Oxford Nanopore Technologyのシーケンシングプ…

ショートリードやロングリードを使った効率的な構造バリアントコールを行う Dysgu

構造変異(SV)はゲノム進化において基本的な役割を果たし、癌などの遺伝性または後天性疾患の根底にある可能性がある。ロングリードシーケンス技術により、構造変異(SV)の特徴付けが向上したが、ペアエンドシーケンスの方が拡張性に優れている。本発表で…

ハプロタイプを考慮してロングリードのエラー修正を行う VeChat

2022/04/17 インストール手順修正 エラー訂正は、ロングリードのシーケンスデータ解析における標準的な最初のステップである。現在の標準的な方法は、テンプレートとしてコンセンサス配列を使用する。しかし、メタゲノムや倍数性の高い生物のような混合サン…

ノイズの多いロングリードからの完全長de novoウイルスハプロタイプ再構築を行う Strainline

多様なウイルスゲノムのHaplotype-resolvedアセンブリは、ウイルス性疾患の予防、制御、治療において重要である。しかし、現在の手法では、比較的正確なショートリードデータしか扱えないか、ハプロタイプ特有の変異をコンセンサス配列に折り畳んでしまうか…

模擬微生物コミュニティとそのアンプリコンシークエンシングリードを発生させるための多機能ソフトウェア M&Ms

シーケンシング技術の進歩に伴い、16S rDNAシーケンスデータの解析を目的とした多くのバイオインフォマティクスツールが開発されている。これらのツールをテストするためには、異なる環境からのサンプルに類似したデータセットをシミュレートすることが重要…

JBrowse 2 desktopのマッピングファイル表示機能を試す

JBrowse 2 desktopはシークエンシングデータのマッピングファイルの読み込みに対応しており、リファレンスゲノムに沿ったリードのアラインメントを表示することができる。 読み込み可能なデータ。ファイルの種類によってはインデックスも必要。 Tabixed VCF …

ナノポアシグナルデータを効率的かつ並列に解析するための SLOW5フォーマットを扱う slow5tools

現在、最もポピュラーなシグナルレベル解析は、ソフトウェアNanopolish/f5cを用いたDNAメチル化プロファイリングである。この使用例をもとに、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)システムでのFAST5データ解析について解析した(論文補足説明2)…

高効率なカバレッジ計算ツール BamToCov

2022/02/25 論文引用 多くのゲノミクスアプリケーションでは、リファレンスのヌクレオチドカバレッジを計算したり、リファレンス領域に何本のリードがマッピングされているかをカウントしたりする必要がある。本発表では、BamToCovを紹介する。このツールは…

オックスフォードナノポアシークエンシングリードのトリミングツール ProwlerTrimmer

トリミングおよびフィルタリングツールは、配列アラインメントの精度を高め、結果の信頼性を向上させるため、DNAシーケンス解析において有用である。オックスフォード・ナノポア・テクノロジー(ONT)のトリミングおよびフィルタリングツールは、現在のとこ…

ロングリードアセンブリの正確なpolishignを行う BlockPolish

ロングリードシーケンス技術は、de novo ゲノムアセンブリの大きな進歩を可能にする。しかし、生のリードはエラー率が高く、エラー分布も広いため、結果的にアセンブリに多くのエラーが発生してしまう。ポリッシングは、ドラフトアセンブリのエラーを修正し…

Nanopore RNAseqのためのフルスタックで軽量なウェブサーバ Duesselpore

トランスクリプトームのゲノムワイドな解析は、既知のすべての生物種の生理学の基礎となる分子メカニズムに関する広範な洞察を提供し、まだ隠されているものを発見することを可能にする。近年、オックスフォード・ナノポア・テクノロジー(ONT)は、次世代シ…

ロングリードを使ったゲノムアセンブリの評価とミスアセンブリ修正を行う Inspector

全ゲノムde novoアセンブリはリファレンスゲノムを持たない種の研究には不可欠であり、リファレンスゲノムを持つ種の遺伝的変異の全容を明らかにするためにも重要である。ロングリードシーケンシング技術の進歩により、ロングリードはより正確に、より長く、…

ロングリードゲノムアセンブリのミスアセンブリ修正およびスキャフォールディングを行う LongStitch

モデル生物や非モデル生物のゲノム研究では、高品質なデノボゲノムアセンブリの作成が不可欠である。近年、ロングリードシーケンシングは、ゲノムアセンブリやスキャフォールディング(ロングレンジ情報を利用してアセンブリされた配列を順番と方向付けする…

オックスフォードナノポアのハプロイドアセンブリを2倍体アセンブリに変換する hapdup

ロングリードシーケンシングは、現在マッピングが困難な領域に到達し、隣接するバリエーションを日常的にリンクさせてリードベースのフェージングを可能にすることで、バリアント検出に変革をもたらす可能性がある。第3世代のナノポアシーケンスデータは、長…

ナノポアのロングリードの品質管理とサマリーレポートを高速に生成する nanoq

2022/02/02 追記 Githubより Nanoqは超高速リードフィルターとサマリーレポートを実装している。品質スコアは、技術文書や別の記事で説明しているように、ナノポア・シーケンス・データからのベースコールに対して計算される。 I recently pushed an update …

オックスフォードナノポアのリードのアセンブルを素早く行う dragonflye

2022/03/26 インストールコマンドの間違い修正 レポジトリより バクテリアの配列を扱ったことがある人なら、おそらくTorsten Seemann氏(HP)のツールの一つを使ったことがあるでしょう。そのようなツールの1つがShovill(紹介)で、バクテリアのゲノムアセ…

ロングリードのシミュレータ PBSIM2

近年、PacBioやOxford Nanoporeなどのハイスループットのロングリードシーケンサーが登場し、ショートリードシーケンサーに比べてエラーの多いロングリードが生成されるようになった。リードのエラー率の高さに加えて、エラーの不均一性は、ロングリードを用…

タンパク質配列を使って ロングリードのフレームシフトエラー修正を行う Proovframe

精度は向上しているものの、ロングリードデータの基本的な遺伝子予測は、small indelsから生じるフレームシフトによって損なわれることが多い。相補的なショートリードやロングリードを用いたコンセンサスポリッシュは、この影響を軽減することができるが、…