macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

Nanopore long read

特定の領域由来のロングリードを高速選抜する selectION

SelectION: Identification of predefined genomic regions in large nanopore DNA London Calling 2017 インストール ubuntu18.04LTSでテストした。 ビルド依存 requires gcc > 5 and the following libraries: boost filesystem boost program_options boo…

ロングリードのマルチプルシーケンスアラインメントを行う abPOA (POAのSIMD実装拡張)

マルチプルシーケンスアラインメント(MSA)問題を解決するために、Leeら(2002)によって最初に導入されたのがPartial order alignment(POA)である。POAでは、MSAをdirected acyclic graph(DAG)(有向無閉路グラフ)として表現し、動的計画法(wiki)(…

( メタゲノム)ONTのロングリードをアセンブリしてコンプリートMAGsを生成する lathe

2020 4/29 実行手順修正 細菌および古細菌での完全なメタゲノムアセンブリゲノム(MAG)の新規生成は、マイクロバイオーム研究における長年の目標である。既存のメタゲノムシーケンスおよびアセンブリ法では通常、完成した細菌ゲノムシーケンスが得られない…

第3世代ロングリードを使ってアセンブリのギャップを閉じる TGS-GapCloser

ゲノムシーケンシング技術の開発は、この10年間でコストの削減とムーアの法則を超えるスピードでスループットを向上させてきた[ref.1]。遺伝子配列データベースは飛躍的に充実し、細菌や真菌の小さなゲノムから真核生物の大きなゲノムへと焦点が移っている。…

medakaを使ってコンセンサスコールを行う

2020 3/23 コマンドの間違いを修正 2020 3/24 説明追記 Documentation 特徴 basecallされたデータのみ必要(.fastaまたは.fastq) グラフベースのメソッド(Raconなど)よりも精度が向上 Nanopolishよりも50倍高速(GPU実行できるため) オーダーメイドの補…

単離バクテリアゲノムのアセンブリ、アノテーション、比較ゲノム解析を行う高度に自動化されたパイプライン ASA3P

2020 3/22 ツイート、関連ツールリンク追記 2020 3/25 コメント追記 2020 3/26 誤字修正 2020 5/12 インストール追記 1977年に、DNAシーケンスがフレデリックサンガーによってサイエンスコミュニティに導入された[ref.1]。それ以来、DNAシーケンスは、ジデオ…

ノイズの多いロングリードからリピートを探す Noise Cancelling Repeat Finder

間違って2回Noise Cancelling Repeat Finderのインストールについて投稿してしまいました。申し訳ありません。 タンデムDNAリピートはロングリード技術でシーケンスできるが、これらの技術の高いエラー率を考慮した計算ツールがないため、正確に解読できな…

ロングリードのアセンブリをpolishする NextPolish

ロングリードシーケンシング技術は長い連続性を持つゲノムを生成できるが、エラー率が高くなる。 そこで、長いリードでアセンブリされたゲノムの配列エラーを効率的に修正するツールであるNextPolishを開発した。 この新しいツールは、高品質のショートリー…

エラーの多いロングリードのエラー修正とアセンブリを行う NECAT

2020 2/7 パラメータエラー修正 2020 2/8 わかりにくい表現を修正 2020 3/12 わかりにくい説明を修正 ナノポアのロングリードはde novoゲノムアセンブリで有利だが、ゲノム研究への適用は、これらロングリードの複雑なエラーによって依然として妨げられてい…

シミュレーション精度と速度が改善された DeepSimulator1.5

2020 2/1 タイトル追加、文章追加、誤字修正 2020 2/2 誤字修正 2020 3/9 コマンド修正 ナノポアシーケンスは、主要な第3世代シーケンステクノロジーの1つである。 Nanoporeデータの処理と分析を容易にするために、多くの計算ツールが開発された。以前、Deep…

tombo

Tomboは、主にナノポアシーケンスデータから修飾されたヌクレオチドを同定するためのツールスイートである。 Tomboは、生のナノポア信号の分析と可視化のためのツールも提供する。Tomboのre-squiggleアルゴリズムは、Tomboフレームワークの基礎である。 Re-s…

GuppyのGPU版を使う

タイトルの通り、GuppyのGPU版を使うまでの流れをまとめておきます。 ubuntuへのインストール 1、Nvidia GPU driverのインストール #レポジトリの追加sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa sudo apt update#NVIDIA driverのインストール。最新…

ロングリードやショートリードのRNA seq情報をもとに転写領域をアセンブリして出力する StringTie2

2020 7/1 インストール方法追記, コマンド追記 2020 7/2 タイトル修正 RNAシーケンス(RNAシーケンス)データセット内の転写産物の量を測定することは、細胞の働きを理解するための強力な方法である。リードをリファレンスゲノムに合わせるだけで、遺伝子の…

エラーの多いロングリードをタンデムリピートにマッピングする tandemmapper

タンデムリピートは、不均等なクロスオーバーによってしばしば生成される複数の連続するほぼ同一のシーケンスによって形成される(Smith、1976)。初期のDNAシーケンスプロジェクトから、タンデムリピートが真核生物ゲノムに豊富にあることが明らかになった…

miniasmでアセンブリして得たGFAをポリッシュする minipolish

Miniasmはパワフルで高速なロングリードのアセンブリツールだが、polishステップを持たないため、実質、得られた配列は連結されたロングリードである。polishにはraconが使用できるが、raconはFASTAファイルで動作し、Miniasmが出力するGFAをファイルを入力…

(ヒトゲノム向け)ニューラルネットワークを使用したロングリードのSVコーラー NanoVar

構造変異は、多くのヒト疾患の発症に関与しており、ヒト集団の遺伝的変異の大部分を占めている(ref.3,4)。 50 b5を超えるゲノム変化として定義される構造変異(SV)は、遺伝子調節異常または新規遺伝子融合を引き起こす可能性のある遺伝子病変を形成するこ…

冗長なデータベースに対して正確なmappingを行う KMA

バイオインフォマティクスで最も古く、おそらくおそらく最も重要なツールは、1つまたは複数の配列のアラインメントである。アラインメントは、ある配列が別の配列とどのように類似しているかを示し、類似の配列パターンの豊富さを定量するために使用できる。…

indelエラーの多いロングリードからタンデムリピートを探す Noise-cancelling repeat finder

ロングタンデムリピート(LTR)アレイはヘテロクロマチンと関連しており、ヒトゲノムで重要な役割を果たしている。たとえば、(TTAGGG)n TRはテロメアを保護し(Blackburn and Gall、1978)、(AATGG)nリピートはヒートショックレスポンスに関与し(Goenka…

メタゲノムのmappingを行う MetaMaps

メタゲノム配列の分類は、高速で正確かつ情報豊富でなければならない。新しいロングシーケンステクノロジーは、これらの要素間のバランスを改善することを約束するが、ほとんどの既存の方法はショートリード用に設計されている。 MetaMapsは、ロングリリード…

ONTのロングリードから抗生物質耐性遺伝子の分布を調べるwebサーバー NanoARG

薬剤耐性(AMR)は、感染症を予防および治療する能力を損ない、世界的な公衆衛生の脅威になる[ref.1]。現在、抗生物質耐性による世界中の年間死亡者数は、2050年までに1,000万人を超えると推定されている[ref.2]。これに対応して、多くの国内および国際機関…

ロングリードRNA seqのアライナー Graphmap2

オックスフォードナノポアテクノロジー(ONT)[ref.1]やパシフィックバイオサイエンス(PacBio)[ref.2]などの企業が達成したシーケンシングテクノロジーの進歩により、長さが10 kbpを超えるロングリードが生成される。当初、このようなロングリードのエラー…

微生物ゲノムアセンブリの品質と比較ゲノミクス(correspondence要約)

私(論文のオーサー;hereafter、私)の最近の研究では、低品質の細菌ゲノム配列(ここでは「多くのコンティグを含むゲノム配列アセンブリ、最終的には明らかなミスアセンブリと未解決のプラスミド配列」と定義)を扱ってきた。主要な問題は、ゲノムのクオリ…

メタゲノムのハイブリッドアセンブリツール OPERA-MS

2019 8/31 docker imageのhelpコマンドのエラー修正 腸内微生物叢は、ホストの健康に寄与する多様な代謝特性を付与する数百種の豊かなコミュニティを持っている(ref.1)。また、抗生物質耐性遺伝子の貯蔵庫としても機能し、数え切れないほどの細菌が絶え間…

ヒトゲノムを扱えるハイパフォーマンスなロングリードアセンブラ Shasta

2020 3/14 動画追加 ロングリードシーケンシング技術からヒトゲノムアセンブリを作成する現在のワークフローは、大きなコホートへの効率的な拡大を妨げるコストおよび生産時間のボトルネックを有している。著者らは11のヒトゲノム用に最適化されたPromethION…

複数のシーケンシング技術に対応したドラフトアセンブリpolishingツール Apollo

第三世代のシークエンシング技術は900Kもの塩基対(bp)を含むロングリードをシークエンシングすることができる。これらの長いリードは、アセンブリ(すなわち対象のゲノム)を構築するために使用される。残念なことに、第3世代のシーケンシング技術は高いシ…

ロングリードを使ってリファレンスベースのアセンブリとpolishを行う Rebaler

優先順位の高いジョブがたまっているため、お盆明けくらいまで不定期更新にします。よろしくお願いいたします。 Rebalerはロングリード使用してリファレンスベースのアセンブリを実行するためのプログラムである。細菌ゲノム用に作られている。 Method (Git…

ニューラルネットワークを使ってONTのロングリードの低クオリティ領域を除く MiniScrub

Pacific Biosciences [ref.1]やOxford Nanopore [ref.2]のような企業のシーケンシング技術がゲノムアセンブリ[ref.1]、[ref.10]、抗菌剤耐性遺伝子[ref.18]、個人用トランスクリプトームシーケンシング[ref.19]、およびドラフトゲノム[ref.20]の改善に寄与し…

アセンブリ過程でロングリードをフィルタリングする fpa

2020 4/23 論文追記 以前、ロングリードのアセンブリ前処理ツール yacrdを紹介した。 今回はアセンブリ過程でフィルタリングして出力を調節するfpaを紹介する。 以下のフィルタリングが行える (Githubより)。 internal match containment dovetails self mat…

アセンブリグラフからプラスミドを検出する HyAsP

プラスミドはバクテリアで一般的なextra-chromosomalのDNA分子である。プラスミドは、それらの長さ(それらはchromosomeよりはるかに短い傾向がある)、コピー数(プラスミドは細胞内に複数のコピーで存在する場合がある)およびGC含有量などの様々な特徴に…

アセンブリの前処理としてロングリードのキメラ領域(低オーバーラップ領域)を除く yacrd

2019 コマンドの誤り修正 2020 3/30 バージョンによるコマンドの違いを記載 2020 3/31 version0.6.0のコマンドを一番下に追記 2020 4/23 論文追記 第三世代DNAシーケンシング法(PacBio、オックスフォードナノポア)は、リファレンスゲノムの構築(デノボア…