macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

RNAseqの定量

自動化されたProkaryotesのRNA seq解析パイプライン ProkSeq

2020 6/29 補足説明追加。 RNA-seq技術は、導入以来、病原性細菌の研究において異なる条件にさらされた細菌からの複数のサンプルにわたる遺伝子発現の違いを同定し、定量化するために広く利用されてきた。一部の例外を除いて、遺伝子発現を評価するための現…

全工程が自動化された高速なRNA seq解析webサービス RaNA-Seq(60以上のモデル生物に対応)

2020 4/10 タイトル修正、説明と図追加 RaNA-Seqは、RNA-Seqデータを迅速に解析・可視化するためのクラウドプラットフォームである。FASTQファイルの定量、品質管理指標の計算、発現変動遺伝子の解析の実行、機能解析による結果の説明を可能にすることで、数…

ロングリードやショートリードのRNA seq情報をもとに転写領域をアセンブリして出力する StringTie2

2020 7/1 インストール方法追記, コマンド追記 2020 7/2 タイトル修正 RNAシーケンス(RNAシーケンス)データセット内の転写産物の量を測定することは、細胞の働きを理解するための強力な方法である。リードをリファレンスゲノムに合わせるだけで、遺伝子の…

8章 補足資料1

2020 2/2 追記 章末補足資料 1、どのアノテーション情報を使うか よく研究された大腸菌であっても、数百以上の様々なゲノムが登録されている。同じ系統の株でもGene IDなどは統一されていない。そのため、100%塩基配列が同じゲノムと考えてわずかに違う株の…

bamファイルを使ってDNA/RNAシーケンスのピーク定量やbigwigのcoverage trackを作成する BAMscale

2020 1/14 conda追記 BAMscaleは、chromatin binding(ChIP-seq)およびクロマチン状態変化(ATAC-seq、END-seq)やchromatin state changes(ATAC-seq, END-seq)、RNA seqのシーケンシングデータセットを処理するワンステップツールである 。 出力には、テ…

de novo transcriptome解析のクラスタリングとclosely rellatedな種の情報を用いたアノテーションを行う Grouper

シーケンシング技術の進歩により、モデル生物の範囲を超えてトランスクリプトームを効率的かつ正確に探索することが可能になった(Ekblom and Galindo、2011; Marioni et al、2008)。トランスクリプトームシークエンシングは、高品質のリファレンスゲノムを…

インタラクティブなRNA seq解析webアプリケーション iDEP

2019 5/23 tweet追記 2019 9/26 動画追加 2019 11/30 ツイート追記 2019 12/22 統合TVリンク追加 2020 2/2 8章補足資料リンク追加 RNAシークエンシング(RNA-Seq)[1]は、ゲノムワイドな発現解析のための日常的な技術となった。ますます低コストで、ライブ…

よく似たゲノム情報を使い不完全なゲノム情報しか持たない種のRNA seq解析の精度を上げる自動化されたツール Necklace

2018 10/31、11/2 タイトル、コード等修正、docker追加 シーケンシングされた種の数が増加しているが、ゲノムの大部分は不完全である。それらにはギャップが含まれていても、配置されていない領域が残っていてもよく、アノテーションが不十分な場合もある。…

Kallisto

2020 4/30 help更新、condaによるインストール追記 典型的なRNA-seqの転写産物レベル処理ワークフローの最初の2つのステップは、トランスクリプトーム配列またはリファレンスゲノムへのアラインメントおよび転写産物存在量の推定である。これらのステップに…

選択的スプライシングを検出する SplAdder

Alternative splicing (AS)(以下、選択的スプライシング)は、成熟mRNAを高度に調節された様式で切断および再結合させ、それによって転写産物の複雑性を増加させるmRNAプロセシング機構である。生物に応じて、発現遺伝子の95%までが複数の転写産物に転写さ…

de novo transcriptomeのcontigクラスタリングツール Corset

2019 6/11 インストール追記 RNA-seqは、トランスクリプトームの様々な側面を研究するための強力な技術である。それは、遺伝子発見、選択的スプライシングイベントの検出、継時的発現分析、融合の検出、SNPおよび転写後エディティングなどの変異の同定を含む…

バクテリアのRNA seq定量ツール EDGE-pro

バクテリアゲノム中の遺伝子の発現を測定することは、感染の治療法の開発から合成ゲノムの作成まで、非常に幅広い用途を有する。バクテリアにおける遺伝子発現研究は、代謝経路を研究し、変異株の特性を同定し、他の点ではそれらのゲノムにおける分子過程を…

RNA-seqのクロスコンタミを検出する Croco

核酸試料間の汚染は、分子生物学における潜在的な問題として長く認識されてきた。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による増幅や、そして最近ではハイスループット配列決定でのPCR増幅は、ソースにかかわらず、また非常に低レベルの混入した核酸でさえ、十分な範…

リファンレンスガイドのトランスクリプトのアセンブル strawberry

ゲノムガイドのRNAのアセンブル法は、遺伝子アノテーション情報を使わず、RNA-Seqデータから転写物の再構成を行う方法である。 Strawberryは ゲノムガイドのアセンブリと定量の2つのモジュールで構成されており、ゲノムガイドのアセンブルではbamをスプライ…

超高速にRNA seqのリードカウント(定量)を行う salmon

2019 2/15 動画リンク追加 2020 4/19 インストール追記, help更新 2020 4/29 論文アブスト追記 RNA-seqリードからトランスクリプト の豊富さを定量化する軽量な手法であるSalmonを紹介する。Salmonは、新しい二相並列推論アルゴリズムと特徴量の多いバイアス…

RNA seqのリードカウント HTSeq-count

HTSeqはNGSデータの各種ハンドリングができるツール。ここではその1つhtseq-countコマンドを紹介する。htseq-countはリードのアライメントデータからカウントデータを出力するために使う。htseq-countを使うと、bamから数分でカウントデータを得ることがで…

RNA seqのリードカウント featureCounts

2019 6/19 インストール追記 2019 6/19 追記 2019 8/14 help追加 2019 8/15 run log追加 RNA reqのリードカウントツールを紹介する。 featureCounts ダウンロード sourceforgeリンク https://sourceforge.net/projects/subread/files/subread-1.5.2/ インス…

edgeR

2019 4/30 インストール方法修正 発現が負の二項分布に従うと仮定した検定法。正規化はTMMで行う。FPKM/RPKM補正のcufflinksより正しくDEGの検出ができる検定法とされる。詳細は門多先生のスライドやdry本の序章の正規化の話を読んでください。以下のマニュ…