macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

workflow

ONTのロングリードのアセンブリとポリッシュ

2018年2月のNature CommunicationsにシロイヌナズナのゲノムをONTのロングリードを使ってアセンブリした論文( PCR-free paired-end readsでpolish)が出ている(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5803254/)。ONTの MinION R9.4 flowcell (FL…

ヒトゲノムの統合された変異検出パイプライン speedseq

第2世代のDNA配列決定技術の技術的進歩により、全ゲノム配列決定(WGS)データを生成するために必要なコストと時間が削減され、これまでにない深さと範囲でヒトゲノムを調査することができるようになった。しかし、計算処理やバリアント解釈のボトルネックは…

NGSデータから素早くバクテリアの分析を行う MICRA

ハイスループットシーケンシング(HTS)技術は多くの微生物学的問題に対処するための費用対効果の高い便利なアプローチとして浮上し、この分野を大きく変えている。完全なゲノム情報にアクセスすることは、微生物学における基礎研究に革命をもたらし、例えば…

バクテリアのRNA seq自動解析パイプライン SPARTA

RNA seq実験の分析フローには多くの工程が含まれる(クオリティチェック、マッピング、定量、統計を使った発現変動遺伝子の検出)。これら RNA-seq分析ワークフローには多数のツールが発表されているが、各ステップで選択できるツールが多数あるため、適した…

メタゲノムの自動解析パイプライン MyCC

MyCCは全プロセスを自動化したメタゲノム解析ツール。contigのfastaファイルを入力すると、配列の特性に従って自動で分類し、binning向けに色がついた図を描画し、さらにクラスタリングされたfastaまで出力することができる。既存のカバレッジやペアリードの…

ゲノム情報はないが、モデル生物と近縁な生物のRNA seq 解析

ゲノム情報はないが近縁種のゲノムが解読されているような生物でRNA seqを行うと決まったら、どんなワークフローで進めるべきだろうか?マイクロアレイと違い、RNA seqならde novoでも解析は不可能ではない。ゲノムがモデル生物とほぼ同じならば、深く考えな…

シロイヌナズナのRNA seq解析

植物のRNA seqを初めてされる方向けに作成した資料です。 真似すれば流れを再現できるように記載しています。流れに興味があれば同じように実行してみてください。 論文 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3566969/ シーケンスデータ https://ww…

RNA seqのワークフロー タキシードプロトコル

2012年にnatureでtophatとcufflinksを使ったRNA-seq解析の手法が発表されている。 http://www.nature.com/nprot/journal/v7/n3/full/nprot.2012.016.html tophat、bowtie、cufflinksなどを使ったいわゆるタキシードプロトコルはRNA seqの1つのワークフロー…

small indelとSNV検出のワークフロー 準備編

この投稿はSNVとindel検出に必要なツールの準備編です。 実際の検出のワークフローは以下のエントリーを確認してください。 --準備するもの-- 解析に必要なソフト GATK BWA Picard Samtools Bedtools SnpEff R (解析の途中で読み込まれ画像ファイルなどを出…

small indelとSNV検出のワークフロー

SNVやsmall indel検出については精度の高いワークフローがすでに確立されている。例えば下記のニューヨーク大のHP https://gencore.bio.nyu.edu/variant-calling-pipeline/ には、SNVとsmall indel検出ワークフローが記載されている。流れを説明すると bam作…