macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

Overlap-layout-consensus (OLC)

Pacbioシーケンシングリードのオーバーラップ検出感度を改善する GroupK

リード長の増加により、第3世代のシークエンシングでゲノムアセンブリのギャップを埋め[ref.1, 2]、構造の変化を明らかにし[ef.13]、トランスクリプトームシークエンシングで遺伝子アイソフォームをより正確に定量できるようになった[ef.14]。さらに、ロング…

効率的なロングリードとロングリードのアライナー/オーバーラッパー BELLA

最近のシークエンシング技術の進歩により、これまで以上に大規模なゲノムデータにアクセスしやすくなり、ゲノム構造およびその種間および種内での多様性の特性評価が可能になった。シーケンシング後のデータの分析は困難な作業である。ハイスループットシー…

ロングリードのアセンブリツール Flye

2019 3/16 version2.4.1のヘルプに更新 2019 4/2 論文追記 2019 4/10 テストランのコマンドミス修正 2019 5/14 リンク追加 2019 6/21 コマンド修正、補足 2019 8/20 リンク追加 2019 9/7 You tube動画追加 ゲノムアセンブリの問題は、最終的には、リピートキ…

HINGEアセンブラ

ゲノムアセンブリは数十年にわたり計算生物学の中心的課題であったが、最近のロングリードシーケンス技術の出現で、完全なアセンブリを自動入手するという目標を達成している。しかし、リピートを確実に解決するために、エラーが頻繁に発生するリードに存在…

String graphとde Bruin graphを使ったアセンブルを行う StriDe

De Brujinのgraphを使うde novo assemblyの手法は、OLCのgraphを使った手法が苦手とするエラーが多い領域のアセンブルに強く、大量のリードの処理効率も優れている。しかしながら、リードをk-merサイズに分解するため、k-mer以上の繰り返し配列がある領域の…

Oxford Nanoporeリードのアセンブリ smartdenovo

SMARTdenovoは、PacBioおよびOxford Nanopore(ONT)データ用の新しいアセンブラ。 エラー訂正なしでリードをアライメントしてアセンブリを生成する。 SMARTdenovoはいくつかの独立したコマンドラインツールで構成されている:rawリードのall vs allのアライ…

Oxford Nanoporeリードのアセンブリ MiniasmとNanopolish

2019 4/4 ヘルプ追記 2019 6/21 文章修正 2019 7/17 コメント追加 2019 7/26 追記 2019 10/14追記 2019 11/5 コマンドに-t <NUM> 追加の修正 MiniasmはPacbioのロングリードやナノポアのロングリードのアセンブルツールで2015年に論文が発表された (ref.1)。アル</num>…