macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

virus

メタゲノムのtaxonomyアノテーションを行い定量する MGmapper

迅速で効率的なDNAシーケンシング技術の進歩により、堆積物[論文より ref.1] [ref.2]、水[ref.3]、氷[ref.4]、ヒトなど様々な環境から微生物群集を研究することが可能になった[ ref.6]。既知のDNA配列決定プラットフォームの中で、イルミナHiSeqおよびMiSeq…

ウィルスintegration部位を分析するGUIツール ChimericSeq

ウイルスintegration部位の同定は、特定のウイルス感染に関連する疾患の病因および進行を理解する上で重要であるが、ウイルス - ホストjunction部位のNGSデータを解析するための現在の計算方法は、アクセス可能性の点で制限されている。たとえば、現在入手可…

ウィルスコミュニティを検出する viromescan

ウイルスは常にヒトの体に生息している [論文よりref.1]。細菌および真菌のように、ある種のウイルスは、ヒト免疫の調節にとって重要な低レベルの免疫応答を刺激し得るが、代謝ホメオスタシスもまた刺激し得る。これに関して、FoxmanとIwasaki [ref.4]は、一…

ウィルスのintegration部位を検出する Virus-Clip

ウイルス感染は、様々なヒト悪性腫瘍の共通の危険因子である。例えばB型肝炎ウイルス(HBV)は、感染時にヒトゲノムに組み込まれ、発癌にかかりやすい遺伝子機能の破壊をもたらすことがある。過去には、PCRに基づきウィルスを検出していたが、制限が多かった…

kallistoを動かしメタゲノムからウィルスゲノムを高速に検出・定量する FastViromeExplorer

伝統的なウイルス同定法は単離および培養に依存しており、時間がかかるだけでなく、多くのウイルスおよび宿主が培地で増えないため実行不可能なことも多い。 2004年に登場したNGSの技術により、ウイルスとその存在量を迅速に測定することが可能になった。ウ…

メタゲノムデータからvirusゲノムを検出するVIP

VIPはメタゲノムデータからホスト由来のコンタミリードを除き、virus由来のリードをアセンブルしてviursを分類・検出するパイプライン。クオリティトリミングからvirusのデータベースにリードをアライメントして照合することまで自動化されており、シンプル…

deep sequenceされたウィルスのアセンブルツール sparNA

sparNAはウィルスゲノムのアセンブリツール。ウィルスゲノムはRNA ploplymeraseのエラー率の高さなどの要因でhetero genesityが非常に高いため、特別な仕分け方をしない限りpopulation genomeやmeta genomeのデータセットに近い状態でシーケンス解析が行われ…

NCBIからvirusゲノムをダウンロードする

Accession IDを使い、virusのゲノム配列(FASTA)をダウンロードする。 NCBIのvirus Genomesに移動する。 左下の方の"Accession list of all viral genomes"をクリックしてvirusのリストをダウンロードする。 このようなリストが入手できる。 user$ head taxid…

ウィルスゲノムのde novo assemblyツール IVA

RNAウィルスのシーケンスでは、逆転写やPCR増幅のbiasにより極めて不均一なカバレッジになってしまうことが知られている。1本の鎖の中のカバレッジが大きく変動するため、一般のde brujinグラフのアセンブルツールはもとより、鋳型量が異なるmRNAやメタゲノ…

ccontigsで環状ゲノムを探す

ccontigsはコンティグ末端の配列がオーバーラップしているかどうか調べることで、コンティグからclosed circularなゲノムを探すツール。環状のプラスミドやウィルスを検出できるとされる。論文にはなっていない。 ただし直鎖状コンティグでも末端が重複して…

ウィルスゲノムのアセンブルツール IVA (Iterative Virus Assembler)

IVA (Iterative Virus Assembler)はウィルス用のDNAアセンブラ。2015年に発表された。カバレッジが大きく変動するウィルスゲノムのアセンブルに対応しているとされる。入力データはilluminaのペーアドエンドである。前もって作ったcontigからscaffoldを作っ…