macでインフォマティクス

macでインフォマティクス

NGS関連のインフォマティクス情報についてまとめています。

Bwa-mem2

2020 7/19 benchmark追記、一部修正


 Bwa-mem2はbwaのbwa-memアルゴリズムのネクストバージョンである。bwaと同じアラインメントを生成し、データセット、実行中のマシンに依存して~1.3~3.1倍高速になる。オリジナルのbwaはHeng Liによって開発された。bwa-mem2の性能向上は、主にIntelのParallel Computing LabのVasimuddin MdとSanchit Misraによって行われた。Bwa-mem2はMITライセンスで配布されている。

 一般ユーザーは、リリースページにあるコンパイル済みのバイナリを使用することが推奨されている。これらのバイナリは Intel コンパイラコンパイルされており、gccコンパイルされたバイナリよりも高速に動作する。プリコンパイルされたバイナリは、間接的に CPU のディスパッチ(解説)もサポートしている。bwa-mem2 バイナリは、実行中のマシンで利用可能な SIMD 命令セットに基づいて、最も効率的な実装を自動的に選択できる。

 

9/11

 

 

 

インストール

ubuntu18.04でテストした(*1)。

Github

CentOS6マシン上でコンパイルされたバイナリが用意されている。これをダウンロードして使用する。

curl -L https://github.com/bwa-mem2/bwa-mem2/releases/download/v2.0pre2/bwa-mem2-2.0pre2_x64-linux.tar.bz2 \
| tar jxf -
cd bwa-mem2-2.0pre2_x64-linux/

./bwa-mem2

$ ./bwa-mem2 

Usage: bwa-mem2 <command> <arguments>

Commands:

  index         create index

  mem           alignment

  version       print version number

 

./bwa-mem2 mem # 最適なSIMD対応バイナリが自動で選択される(赤字)

# ./bwa-mem2 mem

-----------------------------

Executing in AVX2 mode!!

-----------------------------

Usage: bwa2 mem [options] <idxbase> <in1.fq> [in2.fq]

Options:

  Algorithm options:

    -o STR        Output SAM file name

    -t INT        number of threads [1]

    -k INT        minimum seed length [19]

    -w INT        band width for banded alignment [100]

    -d INT        off-diagonal X-dropoff [100]

    -r FLOAT      look for internal seeds inside a seed longer than {-k} * FLOAT [1.5]

    -y INT        seed occurrence for the 3rd round seeding [20]

    -c INT        skip seeds with more than INT occurrences [500]

    -D FLOAT      drop chains shorter than FLOAT fraction of the longest overlapping chain [0.50]

    -W INT        discard a chain if seeded bases shorter than INT [0]

    -m INT        perform at most INT rounds of mate rescues for each read [50]

    -S            skip mate rescue

    -o            output file name missing

    -P            skip pairing; mate rescue performed unless -S also in use

Scoring options:

   -A INT        score for a sequence match, which scales options -TdBOELU unless overridden [1]

   -B INT        penalty for a mismatch [4]

   -O INT[,INT]  gap open penalties for deletions and insertions [6,6]

   -E INT[,INT]  gap extension penalty; a gap of size k cost '{-O} + {-E}*k' [1,1]

   -L INT[,INT]  penalty for 5'- and 3'-end clipping [5,5]

   -U INT        penalty for an unpaired read pair [17]

Input/output options:

   -p            smart pairing (ignoring in2.fq)

   -R STR        read group header line such as '@RG\tID:foo\tSM:bar' [null]

   -H STR/FILE   insert STR to header if it starts with @; or insert lines in FILE [null]

   -j            treat ALT contigs as part of the primary assembly (i.e. ignore <idxbase>.alt file)

   -v INT        verbose level: 1=error, 2=warning, 3=message, 4+=debugging [3]

   -T INT        minimum score to output [30]

   -h INT[,INT]  if there are <INT hits with score >80% of the max score, output all in XA [5,200]

   -a            output all alignments for SE or unpaired PE

   -C            append FASTA/FASTQ comment to SAM output

   -V            output the reference FASTA header in the XR tag

   -Y            use soft clipping for supplementary alignments

   -M            mark shorter split hits as secondary

   -I FLOAT[,FLOAT[,INT[,INT]]]

                 specify the mean, standard deviation (10% of the mean if absent), max

                 (4 sigma from the mean if absent) and min of the insert size distribution.

                 FR orientation only. [inferred]

Note: Please read the man page for detailed description of the command line and options.

他にbwa-mem2.avx2bwa-mem2.avx512bw bwa-mem2.sse41がある。必要に応じてパスを通す。

 

実行方法

1、indexing

bwa-mem2 index re.fasta

f:id:kazumaxneo:20200719145036p:plain



 

 

2、mapping

bwa-mem2 mem re.fasta pair1.fq.gz pair2.fq.gz > out.sam

 

高速化と引き換えにメモリ使用量が増加し、indexサイズも相当大きくなっています。導入する際は注意して下さい。

 

追記

シロイヌナズナゲノム(120-Mb)を使って簡単なベンチマークを行いました。3つの計算機を使い、スレッド数を変えて10GB fastqのbwa-mem2マッピングランタイム(real)とその時のピークメモリを比較した結果が次の表です。

f:id:kazumaxneo:20200719144841p:plain

SR3990Xは結果が揺らいだので5回行なった平均値を載せています。他2つのCPUは1回ずつの結果です。SR3990Xは64スレッド指定してもCPU率はまだ半分近く余っていたので、念のためCPUのスレッド数の倍である256を指定し、飽和値指定した時のタイムも測定しました。


引用

https://github.com/bwa-mem2/bwa-mem2

 

参考

https://oyat.nl/bwa2/

 

*1

CPUがintelxeon platinum だと、avx512bwも含めて配布されているバイナリ全てが動作した。xeon E5 2680 v4ではavx512bw以外は動作した。AMDのSR3990xだとSSE41 以外は動作しなかったため、ソースからビルドした。